ここから本文です

女の子の胸をもむ……ただしVR空間で アンドロイド「アイラ」といちゃいちゃ

ITmedia ニュース 9/15(木) 14:59配信

 女の子の髪をなでたり身体を触ったりすると、恥ずかしがるなどのリアクションを返してくれる――VR HMD(仮想現実ヘッドマウントディスプレイ)とマネキンを組み合わせたデモンストレーションが「東京ゲームショウ2016」(千葉・幕張メッセ、9月18日まで)に出展されている。

【画像:胸や腹をさわると……こんな表情に】

 2Dイラストを立体的に動かせるアニメーション技術「E-mote」を開発するエムツーが出展。HMD「HTC Vive」を装着すると、ゲーム「プラスティック・メモリーズ」に登場するアンドロイド「アイラ」がVR空間に現れる。

 目の前に置かれたマネキンは、頭と腕、上半身(胸や腹)、腰に静電気を感じ取るセンサーを内蔵。ユーザーがタッチした場所を感知し、例えば、髪をなでると「子どもみたい」と話したり、胸や腹を触ると驚いて顔を赤らめたり――と、VR空間のアイラがリアクションを返す。「全体的に女の子の柔らかさを出すため、腕は軟質素材でカバーするなど工夫した。頭にはウィッグをかぶせたり、マネキンの胸の弾力をリアルにするためシリコンを入れたりしたが、その分だけ静電センサーの感度を調節しなければならず苦労した」(同社)という。

 「今回はあくまで『E-mote』をより知ってもらいたいとの取り組み。製品化は考えていない」(同社)

最終更新:9/20(火) 14:02

ITmedia ニュース