ここから本文です

“日本の美しい女性像”はどう変わってきた? 奈良大学が変遷を再現した動画を公開

ねとらぼ 9月15日(木)15時6分配信

 奈良大学が、日本における女性の美の変遷を再現した動画「美し記」を公開しました。絵画や文学作品などから分かる、さまざまな時代で理想とされた女性のファッションに焦点を当てた内容になっています。

【奈良時代の美しい女性像】

 奈良大学は国文学科、史学科、文化財学科など全学科で、「美しさ」について学際的に研究するプロジェクト「美し記~utsukushiki~」を実施。動画はその成果によるもので、「縄文~古墳」「奈良」「平安」「大正」「現代」という5つの時代における美しい女性像を再現しています。人物デザインを監修しているのは、大河ドラマ「龍馬伝」、映画「シン・ゴジラ」などの制作に関わった柘植伊佐夫さん。

 古墳~縄文時代はリーゼントのような髪型で、目の下に逆三角の赤いマークを入れており、奈良時代は額に花鈿(かでん)と呼ばれる紋様を入れた、厚手の白化粧。長い歴史の中で理想とされるファッションが大きく変わってきたことが分かります。

 また、制作過程を撮影したドキュメンタリー映像も公開。各時代の服装や化粧の特徴についての解説も収録されています。

最終更新:9月15日(木)15時6分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]