ここから本文です

キヤノン、液晶表示パネルが付いた「EF70-300mm F4-5.6 IS II USM」

Impress Watch 9月15日(木)13時7分配信

キヤノンは「EF70-300mm F4-5.6 IS II USM」を12月上旬に発売する。希望小売価格は税別7万2,000円。

【この記事に関する別の画像を見る】

キヤノンEOS M5発表会レポート ~ミラーレスユーザーの不満解消を目指す最上位モデル 液晶付きの70-300mmも

2005年に発売された「EF70-300mm F4-5.6 IS USM」の後継となる、35mmフルサイズ対応レンズ。同社では手頃な価格の望遠ズームと位置づける。チップ状の小型モーター「NANO USM」と、EFレンズ初の液晶表示を搭載した点が特徴。手ブレ補正効果はシャッタースピード2.5段分から4段分に向上した。

レンズ構成は12群17枚。最短撮影距離はズーム全域で1.2m。絞り羽根は9枚。フィルター径は67mm。

最大径×長さは80×145.5mm。重量は約710g。別売でレンズフード「ET-74B」を用意する。

EFレンズの70-300mmには、2010年発売のLレンズ「EF70-300mm F4-5.6L IS USM」(税込実売13万3,450円前後)と、回折光学素子の採用で全長を抑えた「EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM」(税込実売13万5,060円前後)もある。

20時50分追記:記事初出時にレンズフードが付属と記載していましたが、正しくは別売だったため、該当部分を修正しました。

デジカメ Watch,本誌:鈴木誠

最終更新:9月15日(木)21時45分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]