ここから本文です

キヤノン、EF-Mレンズ初の高倍率ズームレンズ「EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM」

Impress Watch 9月15日(木)13時10分配信

キヤノンは、ミラーレスカメラ「EOS M」シリーズ用の交換レンズ「EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM」を11月下旬に発売する。希望小売価格は6万8,000円(税別)。

ブラックとシルバーの2色をラインナップする。

EOS Mシリーズの交換レンズ「EF-Mレンズ」初の高倍率ズームレンズ。35mm判換算で29-240mm相当、8倍超のズーム比を誇る。

手ブレ補正効果は、CIPA規格準拠で4段分(240mm相当時)。同時発表のミラーレスカメラ「EOS M5」装着時は、流し撮り対応のコンビネーションISが利用できる。

レンズ構成は13群17枚。非球面レンズ2枚、UDレンズ1枚を採用する。

最短撮影距離および最大撮影倍率は、広角端で0.25m/0.1倍、望遠端で0.45m/0.31倍になる。

絞り羽根は7枚。

フィルター径は55mm。

外形寸法は60.9×86.5mm(最大外径×長さ)。

デジカメ Watch,本誌:折本幸治

最終更新:9月15日(木)13時10分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]