ここから本文です

小池都知事21日までに盛り土問題まとめるよう指示

日刊スポーツ 9月15日(木)10時10分配信

 東京都の小池百合子知事は14日、豊洲市場の建物下に当初予定された盛り土が行われなかった問題について、自身がリオデジャネイロ出張から帰国する21日までに、調査結果をまとめるよう、関係部局に指示する考えを示した。

【写真】小池都知事、五輪旗受けた時に勝負服の着物ズブ濡れ

 事実と異なる説明が行われ、誤った情報が公開された理由のほか、建物下にたまる地下水の汚染状況の実態などが、おもな調査対象だ。都庁内で取材に応じた小池氏は「豊洲への信頼がどんどん失われているのは大変な事態。スピード感を持ってやりたい」と述べた。小池氏は今日15日、リオへ出発する。

最終更新:9月15日(木)12時51分

日刊スポーツ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。