ここから本文です

国会議員の二重国籍禁止法案 維新、臨時国会提出へ

産経新聞 9月15日(木)7時55分配信

 日本維新の会の馬場伸幸幹事長は14日の記者会見で、民進党の蓮舫代表代行が日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」だったことに関し、国会議員の二重国籍を禁止する法案を臨時国会に提出したいとの考えを示した。

 馬場氏は、公職選挙法の被選挙権で多重国籍の除外規定がなく、国会議員の中から首相が選出されることから「二重国籍の方が自衛隊の最高指揮官(首相)になることには違和感がある」と述べた。国籍法や公職選挙法の不備を指摘した上で「積極的に法整備したい」と強調した。

 蓮舫氏の国籍に関する発言が二転三転したことには「『仕分けの女王』と言われる歯切れのいい方だが、自分のことはきちんと説明なされていない」と批判。「国籍という国家の根本に関わる問題なので、今後も説明責任はお願いしたい」と述べ、さらなる説明を求めた。

最終更新:9月15日(木)7時55分

産経新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。