ここから本文です

GitHub、“過去最大の”アップデートでレビュー機能やプロジェクト管理機能を強化

ITmedia ニュース 9月15日(木)15時50分配信

 ソースコード共有ツールを運営する米GitHubは9月14日(現地時間)、サンフランシスコで開催の「GitHub Universe 2016」において、GitHubプラットフォームをアップデートし、多数の新機能を追加したと発表した。

【画像】タスク管理ツール「Projects」

 同社は発表文で、このアップデートは過去最大規模のものとしている。

タスク管理ツール「Projects」

 タスク管理ツール「Projects」は、プロジェクトの進行管理を簡易化する機能で、作業項目をカード状にして進行状況をドラッグ&ドロップで3段階に分類できる。米Trelloのツールに似ている。

コードレビュー機能「Reviews」

 「Reviews」は、「pull request」に正式に承認したり、変更したりする機能。レビューサマリーを残したり、レビューを削除、編集、コメントのバンドルをすることもできる。

 コードの行ごとに、また、レビューごとにコメントを付けられるので、問題ごとに独立した会話を進行させることができる。

 この他、ユーザーのプロフィールページのデザイン変更や新APIの公開なども発表された。

最終更新:9月15日(木)15時50分

ITmedia ニュース