ここから本文です

「Pokemon GO」バックグラウンド動作中も「歩いた距離」反映 専用端末「Plus」に追加機能

ITmedia ニュース 9月15日(木)15時52分配信

 米Nianticとポケモン(企画会社)は9月14日、スマートフォン向けアプリ「Pokemon GO」と組み合わせて利用するウェアラブルデバイス「Pokemon GO Plus」(9月16日発売、税別3500円)について、「Pokemon GO」がバックグラウンド動作中も「歩いた距離」が反映される機能を実装していると発表した。

 歩いた距離は、ポケモンのタマゴをかえしたり、相棒のポケモンのアメをもらうために必要。Plusを利用していれば、Pokemon GOがバックグラウンドで動作していても、歩いた距離が反映されるという。

 Pokemon GO Plusは、バンドで腕に巻いたり、胸ポケットに着けたりして装着する端末。周囲にポケモンがいたりポケストップがあると、振動やLEDランプの点滅で知らせてくれ、ボタン操作でポケモンを捕まえたり、ポケストップに立ち寄ったりできる。価格は3500円(税別)。

最終更新:9月15日(木)15時52分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]