ここから本文です

次期「第45回東京モーターショー」、来年2017年10月27日開幕決定

エコノミックニュース 9/15(木) 15:01配信

 一般社団法人日本自動車工業会は、次回の「第45回東京モーターショー2017」を2017年10月27日(金)から11月5日(日)までの10日間、東京ビッグサイト(東京都江東区・有明)にて開催することを決定した。

 今回も前回好評だった人数限定の「プレビューデー」を一般公開に先駆けて実施し、魅力あるショーを目指すという。

 第45回東京モーターショー2017は、引き続き、乗用車、商用車、二輪車、カロッツェリア、車体、部品・機械器具関連製品、自動車関連サービスを含む総合ショーとして開催。

 出展募集については本年10月3日(月)より開始し、募集締め切りは2017年1月13日(金)を予定している。

 一般公開に先駆けてプレスカンファレンスなどを実施するプレスデーは、10月25日・26日の2日間。26日の午後は開会式などの式典が実施される特別招待日で、27日のオフィシャルデーの午後が、一般入場者を抽選で選ぶ人数限定の「プレビューデー」となる予定だ。

 2年ごとに開催する東京モーターショーの入場者数実績は、2011年が84万2600人、2013年が90万2800人、前回2015年が81万2500人だった。(編集担当:吉田恒)

Economic News

最終更新:9/15(木) 15:01

エコノミックニュース