ここから本文です

曇りでも昼間でもお月見 日本科学未来館

朝日新聞デジタル 9月15日(木)14時30分配信

 15日は中秋の名月。空模様を気にせずに、昼間でもお月見が楽しめるイベントが、東京都江東区の日本科学未来館で開かれている。

 直径約6メートルの球体ディスプレー「ジオ・コスモス」を月に見立てて、月周回衛星「かぐや」が撮影した月面をくっきりと映し出す。周囲の通路を歩けば、「月」を様々な角度から観察出来る。通常は地球の映像だが、17日までは、開館中の毎時50分から5分間上映中。(池永牧子)

朝日新聞社

最終更新:9月15日(木)16時20分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。