ここから本文です

走行するトラックの背面で表示が変化するE Ink広告

Impress Watch 9月15日(木)13時53分配信

 ドイツの広告会社RoadAds interactiveとスロベニアの電子ペーパー企業Visionectが、大型の電子ペーパーをトラック背面のドアに取り付け、走行中も自動的に表示内容が変化する広告システムを開発した。

 メルセデス・ベンツとも協業し、トラック背面に32型のE Ink電子ペーパーを装備。解像度は1,440×2,560ドットで16階調のモノクロ表示が可能。欧州の規制により、走行車両には光を発するデバイスを取り付けられないが、E Inkは発光しないため、この規制に触れない。また、液晶よりも遙かに消費電力が少ないため、トラックのバッテリで駆動できる。IP65の防水・防塵性能も備える。

 4GおよびWi-Fiも装備し、GPSと連動しつつデータを受信することで、例えばある地点に到達すると、「この先1kmにレストランあり」といった広告を後方を走行する車両に対して表示できる。ストレージも内蔵しており、電波を受信できないところでも広告を表示できる。

 また、広告だけではなく、渋滞や事故情報などをリアルタイムに表示するといった用途も想定されている。

 11月に5台のトラックで試験運転を実施予定。現在、予約注文を受け付けており、2017年の6月に1,000台を投入する。

PC Watch,若杉 紀彦

最終更新:9月15日(木)13時53分

Impress Watch