ここから本文です

「ハリルの秘密兵器」アストラ瀬戸が2年ぶり欧州L

日刊スポーツ 9月15日(木)10時10分配信

 ハリルの秘密兵器が、2度目の欧州リーグ(EL)に臨む。日本代表W杯アジア最終予選予備登録メンバーに入っているMF瀬戸貴幸(30=アストラ)が、15日に1次リーグ初戦でウィーン(オーストリア)と対戦。2年ぶりに欧州の舞台に挑む。

 昨夏移籍した、トルコ・オスマンリスポルからの期限付き移籍を1年延長した。それはELに出るためだ。「ELやCLは、たった1つのゴール、プレーで人生を変えられる」。2年前、初めてのEL1次リーグ・ザルツブルク戦で初ゴールを決めた。日本でのプロ経験がないまま向かったルーマニアで、3部リーグからのし上がり昨季初優勝。今季は欧州チャンピオンズリーグ(CL)に初挑戦し予選3回戦で敗れた。

 回ったELプレーオフではプレミアリーグのウェストハムを破って出場権を獲得。「ルーマニアに行ったときはCL、ELなんて想像もしていなかった。これから自分に何が待っているか分からない」。30歳を迎えても未知なる可能性は広がっている。代表の予備登録89人の中に瀬戸の名前が入っていた。ハリルホジッチ監督に代表合宿へまだ呼ばれたことはないが「もう少しで手が届くというところまできている。もう一踏ん張り欧州で頑張りたい」と夢を現実のものにする。【栗田成芳】

最終更新:9月15日(木)11時24分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]