ここから本文です

永井豪 西内まりや版ハニーを絶賛

デイリースポーツ 9月15日(木)18時3分配信

 歌手でモデルの西内まりや(22)が15日、都内で、初主演映画「CUTIE HONEY -TEARS-」(10月1日公開)の完成披露上映イベントに出席した。

【写真】永井豪が絶賛した篠崎愛の“グレートコスプレ”

 スタイリッシュなアンドロイドのキューティーハニーを演じた西内。憧れのヒーローを聞かれると「3~5歳の頃からシュワルツェネッガーさんの『ターミネーター』を見ていた。同じアンドロイドで撃たれても死なないのがうれしく、意識はしましたね。マネしているので、いい影響になっていれば」と“ターミネーター”を意識して撮影したことを打ち明けた。

 原作者の永井豪氏(71)も「すばらしい映画。ハリウッドを楽しむようで感激した」と“西内ハニー”を絶賛していた。

最終更新:9月15日(木)18時7分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。