ここから本文です

専門家会議、近く再招集=豊洲市場の土壌問題―小池都知事

時事通信 9月15日(木)12時55分配信

 東京都の小池百合子知事は15日、豊洲市場(江東区)の土壌汚染対策の盛り土が一部で行われていなかった問題で、「(対策を検討した)専門家会議の再招集について打ち合わせをした。できるだけ早く立ち上げたい」と述べ、安全性や経緯を検証する考えを示した。

 羽田空港で記者団に語った。

 また、水産卸売場棟など3棟の地下空間に水がたまっていることについて、「正確な分析が必要だ。水質だけではなく地下の大気などもよく調べたい」と話した。

 豊洲市場の地下空間は、都議会の公明、共産、民進の各会派が相次いで視察。共産党都議団は14日、青果棟地下空間のたまり水が地下水と同じ「強アルカリ性」だったことを明らかにした。 

最終更新:9月15日(木)13時7分

時事通信