ここから本文です

伊経済団体、今年の成長率予想を0.7%へ引き下げ 来年は0.5%

ロイター 9月15日(木)20時11分配信

[ローマ 15日 ロイター] - イタリアの経済団体であるコンフィンドゥストリア(イタリア産業総連盟)は15日、同国の国内総生産(GDP)伸び率の見通しを引き下げ、2016年は0.7%、17年は0.5%とした。

これまでの予想は2016年が0.8%、17年は0.6%だった。

コンフィンドゥストリアの調査部門を統括するルカ・パオラッチ氏は、現在の成長ペースではGDPが危機前の水準に戻るのは2028年になるとの見方を示した。

イタリアの公的債務については今年は対GDP比133.3%になるとし、これまでの133.4%からわずかに引き下げた。

2017年の失業率予想は11.1%から11.2%へ引き上げた。

最終更新:9月15日(木)20時11分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]