ここから本文です

2球場で初回初球先頭打者本塁打 ともにプレーボール直後

デイリースポーツ 9月15日(木)18時16分配信

 15日のプロ野球では2球場で一回表に先頭打者初球本塁打が出た。

 札幌ドームではオリックス・糸井嘉男外野手が初回先頭打者初球本塁打を放った。メンドーサの初球、141キロの内角球を右翼スタンドに運ぶ13号とした。

【写真】窓ガラスが粉々…糸井“車破壊弾”に「怒ってなかった?」

 糸井の先頭打者本塁打は日本ハム時代の2012年5月16日の阪神戦(甲子園)でスタンリッジから放って以来、2本目となった。

 その1分後、甲子園球場ではDeNAの1番・桑原将志外野手が阪神の先発・メッセンジャーの初球、真ん中低めの146キロの直球を強振。会心の一撃は左中間席に飛び込む11号初球先頭打者弾となった。

 持ち前の思い切りの良さを発揮した桑原は「メッセンジャー投手なので、追い込まれる前に初球から自分のスイングをしてチームにいい流れをつけようと打席に入りました。正直、本塁打になると思わなかったです!」コメントした。

最終更新:9月15日(木)21時41分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。