ここから本文です

中日平田、大島FA流出危機 球団の誠意測りかね

日刊スポーツ 9月15日(木)10時27分配信

 国内FA権を取得した中日大島洋平外野手(30)と平田良介外野手(28)が流出の危機にあることが14日、分かった。

【写真】中日平田激怒!ファンのヤジに応戦…数分収まらず

 2人は8月に権利を初取得。残り9試合の時点でいまだ球団側から慰留交渉がなく、方向性を白紙とせざるを得ない状況が続いている。大島は「まずは球団(中日)の話を聞いてみないと」と、球団の“誠意”を測りかねている。平田も同様だ。

 今オフのFA市場は、オリックス糸井、日本ハム陽岱鋼ら大島、平田と同じ主力級外野手の動向が注視される。他球団も調査しており、宣言すれば争奪戦は必至。中日西山和夫球団代表は「(交渉は)これからです」とだけ話した。そろって流出という最悪の事態だけは避けなければならない。

最終更新:9月15日(木)16時14分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報