ここから本文です

日大・京田 足で8球団スカウト魅了「候補の中では一番足が速い」

スポニチアネックス 9月15日(木)7時2分配信

 ◇東都大学野球第2週第1日 日大5―2中大(2016年9月14日 神宮)

 1回戦2試合が行われた。日大の今秋ドラフト1位候補、京田陽太内野手(4年)は中大戦に「4番・遊撃」で先発出場し、2回に内野安打と盗塁をマーク。秋初戦を白星で飾った。国学院大は松野悠大内野手(2年)の決勝2ランで専大に逆転勝ちした。

 4打数1安打。それでも唯一の安打に京田の魅力が詰まっていた。1点を追う2回。先頭で二遊間へ打球を弾ませると50メートル5秒9の俊足を飛ばし、一塁にヘッドスライディング。内野安打とした。さらにしつこいけん制をかいくぐり、二盗に成功。同点をお膳立てし、勝利を呼び込んだ。

 「春は内容が良くなかったのでめちゃくちゃ緊張した。チャンスメークできて良かった」

 プロ志望届を提出済みで、この日は8球団が視察した。ロッテの諸積兼司スカウトは「今年の候補の中では一番足が速い。守備も安定している」と高く評価する。1部リーグでは通算11個目の盗塁で、2部でも16盗塁。盗塁タイムは3秒25を誇る。プロで2度の盗塁王に輝くソフトバンク・本多が3秒12。伸びしろ次第で狙える領域だ。

 同じく野手の1位候補に挙がる中京学院大・吉川の存在が励み。「昨日も連絡を取った。負けられない」と話す。今秋からは主将の肩書を外し、プレーに専念。「正直不安だらけ。指名されるかも分からない状態だと思っている。とにかく泥くさくやって、勝ちに貢献したい」。全力疾走で、リーグ優勝と夢をつかみ取る。 (松井 いつき)

 ▼中大・秋田秀幸監督(逆転負けで開幕から白星なし)力がないということ。適時打が出なさすぎですね。

最終更新:9月15日(木)7時2分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報