ここから本文です

<JR九州>上場、東証が承認 上場日は10月25日

毎日新聞 9月15日(木)18時55分配信

 東京証券取引所は15日、JR九州の上場を承認した。上場日は10月25日。東証1部に上場する見通し。想定の売り出し価格から算出した時価総額は約3920億円で、今年の新規上場では無料通信アプリを提供するLINE(ライン)に次ぐ規模となる。

 1株当たりの想定売り出し価格は2450円で、購入単位は100株。市場動向や需要を見極めた上で、10月17日に売り出し価格を正式決定する。JRグループの上場は、東日本、西日本、東海に続いて4社目。経営基盤が弱いとされる北海道、四国、九州の「3島会社」では初となる。福岡証券取引所にも10月26日に上場する。

 JR九州は国鉄の分割民営化により1987年に発足した。2011年に九州新幹線の博多-鹿児島中央間を全線開業し、豪華寝台列車「ななつ星in九州」などユニークな観光列車で知られるが、本業の鉄道事業は苦戦。一方、不動産、外食事業などに次々と参入し、鉄道以外の事業で収益を拡大してきた。【神崎修一】

最終更新:9月15日(木)18時55分

毎日新聞