ここから本文です

鎌倉で黒澤明と三船敏郎ゆかりの品90点そろう特別展、関連作も上映

映画ナタリー 9/15(木) 19:09配信

明日9月16日から2017年1月15日にかけて、「世界のクロサワとミフネ-監督 黒澤明と俳優 三船敏郎-」と銘打った特別展が神奈川・鎌倉市川喜多映画記念館にて開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

1948年製作「酔いどれ天使」以降、数多くの作品でコンビを組んできた監督・黒澤明と俳優・三船敏郎。1950年製作の「羅生門」では、第12回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を獲得し、世界的にその名を知られるようになった。本展では、黒澤と三船にゆかりのある品々や劇場公開当時の国内外のポスターなど約90点を紹介するほか、2人のコンビ作品を中心に代表作16本を上映する。

なお関連イベントとして、三船の実子で俳優・映画プロデューサーの三船史郎や、黒澤の助監督として活躍し、「雨あがる」で監督デビューを果たした小泉堯史などを招いてのトークショーも開催。鎌倉が物語の舞台となった「天国と地獄」のロケ地を巡る散策ツアーも行われる。詳細は公式サイトにて確認しよう。

特別展「世界のクロサワとミフネ-監督 黒澤明と俳優 三船敏郎-」
2016年9月16日(金)~2017年1月15日(日)神奈川県 鎌倉市川喜多映画記念館
※毎週月曜休館
開館時間 9:00~17:00 ※入館は16:30まで
料金:一般 300円 / 小・中学生 150円

関連上映
2016年9月19日(月・祝)~2017年1月15日(日)神奈川県 鎌倉市川喜多映画記念館
※毎週月曜休館
<上映作品>
「酔いどれ天使」
「野良犬」
「生きものの記録」
「羅生門」
「蜘蛛巣城」
「隠し砦の三悪人」
「どん底」
「用心棒」
「天国と地獄」
「赤ひげ」
「乱」
「生きる」
「七人の侍」
「銀嶺の果て」
「無法松の一生」
「雨あがる」
料金:一般 1000円 / 小・中学生 500円
※入館料含む。前売り券が販売枚数に達した場合、当日券の販売はなし

最終更新:9/15(木) 19:09

映画ナタリー