ここから本文です

西武 宮本慎也氏に新監督就任を打診 複数の候補から一本化

スポニチアネックス 9月15日(木)7時45分配信

 西武の来季新監督として、元ヤクルトの宮本慎也氏(45)が浮上していることが14日、分かった。チームは3年連続のBクラスが濃厚で、田辺徳雄監督(50)は今季限りで退団が決定的となっている。巻き返しを図る来季へ、前ソフトバンク監督の秋山幸二氏(54)ら複数の候補の中から宮本氏に一本化し、既に打診も済ませたとみられる。受諾となれば、86~94年の森祗晶監督(79)以来となる「球団OB以外の指揮官」が誕生する。

 チームの抜本的改革へ、西武が「外部招へい」へと動いた。来季監督について球団は、かつての西武黄金期を支えたOBの秋山氏を有力候補として水面下で打診していたが、交渉は難航。そこで浮上したのが「早い段階から名前は出ていた。候補の一人に挙がっているのは事実」(球団関係者)という宮本氏だ。複数の関係者によると、この日までに宮本氏に打診を済ませており、返事待ちの状況だという。

 宮本氏は西武系列である社会人野球のプリンスホテル出身。居郷肇オーナー代行兼球団社長は同野球部の先輩にあたり、迎え入れる側のバックアップ態勢も整っている。ヤクルト一筋の宮本氏はパ・リーグでのプレー経験はない。それでも白羽の矢を立てたのは、球団の危機感の表れでもある。

 かつて、西武は堤義明オーナーによる「巨人に負けないチームづくり」の号令の下、巨人OBの広岡達朗氏、森祗晶氏を監督として招へい。その巨人を倒して日本一に輝くなど、球史に残る黄金時代を築いた。近年は西武OBが指揮を執っているが08年を最後にリーグ優勝から遠ざかり、今季で3年連続のBクラスは確実。外部の血を入れることで、チームに新たな風を吹かせたい考えだ。

 宮本氏は通算2133安打をマークした一方でゴールデングラブ賞を10度受賞など、卓越した守備力でチームを支えた。リーダーシップにも優れ、04年アテネ、08年北京五輪では日本代表の主将に就任。日本プロ野球選手会の選手会長を務めるなど人望も厚い。「監督経験はないが、選手時代の実績や五輪などでの主将の経験は大きい」と球団関係者。そのキャリアこそが、チームの立て直しに不可欠と判断した。

 今季はチーム打率がリーグ1位の一方で、96失策(14日現在)は両リーグワースト。守備の破綻から守り勝つ野球ができず、それが低迷の一因となった。後藤高志オーナーも「エラーが多い。球際に強いチーム、これを言い続けている。しっかりとそういうチームをつくっていってほしい」と強調しており、守備の達人と称された宮本氏をトップに据えることで「球際に強い」戦いが可能になると踏んでいる。

 3年連続Bクラスなら、76~81年に6年連続を記録して以来35年ぶりの屈辱。チームが過渡期を迎える中、45歳と若い宮本氏に再建を託す。

 ◆宮本 慎也(みやもと・しんや)1970年(昭45)11月5日、大阪府生まれの45歳。PL学園―同志社大―プリンスホテルを経て、94年ドラフト2位でヤクルト入団。95、97、01年と3度の日本一に貢献した。12年に通算2000安打を達成し、遊撃手と三塁手で計10度のゴールデングラブ賞を獲得。日本代表では主将として、04年アテネ五輪、06年第1回WBC、08年北京五輪に出場。05年から3年間、日本プロ野球選手会長を務めた。13年に現役引退。通算成績は2162試合で打率・282、62本塁打、578打点。右投げ右打ち。

最終更新:9月15日(木)10時42分

スポニチアネックス