ここから本文です

映画「シン・ゴジラ」発声可能上映舞台あいさつ生中継決定 市川実日子、松尾諭、高橋一生、庵野秀明総監督が登場

ねとらぼ 9/15(木) 17:00配信

 9月15日21時30分より、「LINE LIVE」において映画「シン・ゴジラ」の“全国一斉!発声可能上映開催”を記念した舞台あいさつが生中継される。

【まずは君が落ち着け】

 「シン・ゴジラ」は公開7週目現在で動員450万人、興行収入が65億円を超えて大ヒット中。発声可能上映も今回で3回目となる。先日行われた女性限定の発声可能上映「女性限定鑑賞会議」では3分とたたずにチケットは完売していた。

 今回の発声可能上映には総監督の庵野秀明さんをはじめ、キャストからは劇中対ゴジラプロジェクト“巨災対”(巨大不明生物特設災害対策本部)の尾頭ヒロミ役の市川実日子さん、“巨災対”を作り上げた保守第一党・泉修一役の松尾諭さん、そして対ゴジラ作戦の要を構築する文部省・安田龍彦役の高橋一生さんが登壇する予定だ。

 また、イベントの発起人でもある漫画家の島本和彦さんらが登壇する札幌会場との二元中継も実施される。

最終更新:9/15(木) 17:00

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]