ここから本文です

スマホで完結・データ分析で信用度算出 個人向け融資サービス、みずほ銀とソフトバンクが開始へ

ITmedia ビジネスオンライン 9/15(木) 17:01配信

 みずほ銀行とソフトバンクは9月15日、スマートフォンで手続きが完結する個人向け融資(レンディング)サービスを提供する合弁会社を11月に設立することで合意したと発表した。2017年前半の事業開始を目指す。

 両社が持つビッグデータや、みずほ銀のローン審査ノウハウ、ソフトバンクのAI(人工知能)によるデータ分析ノウハウを融合し、独自に算出する信用度(スコア)をスコアリングモデルを採用。審査可能範囲の拡大や、競争力ある金利水準の実現につなげるという。

 スマートフォンで手続きが完結するのも特徴。店舗を持たないローコスト運営を目指す。

 新会社の資本金50億円は両社で折半出資する予定だが、みずほ銀の連結対象とする方針。

 みずほ銀はレンディング事業を通じ、フィンテック(FinTech)への取り組みを強化。ソフトバンクはAIやビッグデータなどの強みを提供し、みずほ銀とフィンテック事業を推進する。

最終更新:9/15(木) 17:01

ITmedia ビジネスオンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。