ここから本文です

スマホで完結・データ分析で信用度算出 個人向け融資サービス、みずほ銀とソフトバンクが開始へ

ITmedia ビジネスオンライン 9月15日(木)17時1分配信

 みずほ銀行とソフトバンクは9月15日、スマートフォンで手続きが完結する個人向け融資(レンディング)サービスを提供する合弁会社を11月に設立することで合意したと発表した。2017年前半の事業開始を目指す。

 両社が持つビッグデータや、みずほ銀のローン審査ノウハウ、ソフトバンクのAI(人工知能)によるデータ分析ノウハウを融合し、独自に算出する信用度(スコア)をスコアリングモデルを採用。審査可能範囲の拡大や、競争力ある金利水準の実現につなげるという。

 スマートフォンで手続きが完結するのも特徴。店舗を持たないローコスト運営を目指す。

 新会社の資本金50億円は両社で折半出資する予定だが、みずほ銀の連結対象とする方針。

 みずほ銀はレンディング事業を通じ、フィンテック(FinTech)への取り組みを強化。ソフトバンクはAIやビッグデータなどの強みを提供し、みずほ銀とフィンテック事業を推進する。

最終更新:9月15日(木)17時1分

ITmedia ビジネスオンライン