ここから本文です

林家三平 出産予定日12月、昇太と一緒は避けたい

日刊スポーツ 9月15日(木)11時12分配信

 落語家林家三平(45)が15日、都内で、TSUTAYA限定「おうち☆クロックス」発売記念イベントに出席した。

【写真】林家三平、妻へ気遣い?赤ちゃん出産まで性別聞かず

 林家は11月に父になる予定だが、「出産予定日は12月8日なんです。1日ずれると昇太兄さんと一緒になってしまうので、それだけは避けたい」と笑った。子どもの性別については、「実は本当に聞いていないんです。かみさんは知っているけど、俺には絶対に言うなといってあります。自分は出産に立ち会うつもりなので、その瞬間に知りたいので」と笑顔で理由を語った。そんな林家には、青とピンクの子ども用クロックス(日本未発売モデル)がプレゼントされた。「父にはいっぱい映画に連れて行ってもらい、高座もみせてもらいました。父にしてもらったことは、自分もしてあげたいですね」と目を輝かせた。

 「おうち☆クロックス」については、「足袋をはいていてもすっぽり入るし、スポンジの上を歩いているようで履き心地も良いし、滑らない。音も静かなので、ホール落語で移動する時にもよさそう」とアピールし、「自分のギャグは滑ってもいいので、かみさんだけは絶対に滑らないように、帰ったらすぐにでも履かせます」と話した。

 不倫騒動で昨夜記者会見を行った中村橋之助について、「橋之助兄さんには、歌舞伎でお世話になりました。襲名は名前が襲って来ると書きますが、だからこそ自己管理が大切だと兄さんたちから教わりました。家族一丸となって頑張って欲しいです」と話した。自分自身については、「ウチはかみさんが財務大臣なので大丈夫です。かみさんに財布のひもを握られていると、遊べませんから」と笑った。最後は「今回の兄さんの事件とかけまして、港区の慶応と解く。そのこころは、三田を大事にしてください」と落語家らしい謎かけで締めた。

最終更新:9月15日(木)12時24分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。