ここから本文です

競泳タッパー 正確な技術で距離感伝える「選手の目」

スポニチアネックス 9月15日(木)8時47分配信

 視覚障がい者の水泳ではスタート台の横でターンやゴールのタイミングを伝えるタッパーの存在が欠かせない。木村敬一のタッパーを務めるのは筑波大付属視覚特別支援学校教員の寺西真人さん(57)。木村は同校在籍時に寺西さんの指導を受けて成長し、現在もタッパーを依頼している。

 タッパーは「タッピング棒」と呼ばれる棒で、選手の頭や背中を叩く。タッピング棒にはルールはなく、各国全てオリジナル。海外には3メートルを超える長いものを使用するタッパーもいる。寺西さんはカーボン製の釣り竿を約2メートルに切り、先端部には丸く削ったウレタン素材を差している。

 寺西さんが叩くタイミングは木村がプールの壁面に到達する1ストローク手前。近い時は強く、遠い時は軽めに叩いて、木村に距離感を伝える。

 視覚障がい選手にとって特に自由形のクイックターンは難しい。「近すぎれば膝が詰まるし、遠ければ足先でチョンと蹴るだけになる」。ちょっとしたズレがタイムロスにつながる。近年パラ競泳はレベルは上がってタッチ差の勝負が増えており、より正確なタッピングが求められている。「タッピングで速くなることはないけれど、タイムをロスすることはある。私のせいで木村の努力を台無しにしたくはない」。寺西さんはレース前、宿舎やサブプールで棒を振ってイメージトレーニングをして備えるという。

 心掛けているのは「木村の目になること」。木村の気持ちになって、叩くタイミングを合わせている。木村はそんな寺西さんのタッピングを「安心して壁に突っ込んでいける」と信頼している。

最終更新:9月15日(木)8時47分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]