ここから本文です

東京国際映画祭コンペの日本代表に松居大悟「アズミ・ハルコ」&杉野希妃「雪女」

映画ナタリー 9/15(木) 20:09配信

第29回東京国際映画祭のコンペティション部門に、日本代表作品として松居大悟の監督作「アズミ・ハルコは行方不明」と杉野希妃の監督作「雪女」が出品されることが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

10月25日から11月3日にかけて東京・六本木ヒルズなどで開催される同映画祭。今年度のコンペティション部門では、98の国と地域より集まった1502本の応募作品の中から、審査を通過した16本が上映される。

「アズミ・ハルコは行方不明」は、山内マリコの同名小説を蒼井優主演で映画化した作品。蒼井演じる独身OL・安曇春子の失踪をきっかけに起こる出来事を、彼女が消えるまでと消えたあとの時間を交錯させながら描く。春子の顔をグラフィティアートとして街中に拡散する若者集団「キルロイ」のメンバーに高畑充希が扮するほか、石崎ひゅーい、加瀬亮らも出演する。12月より東京・新宿武蔵野館ほか全国でロードショー。

そして「雪女」は、「欲動」「マンガ肉と僕」に続いて杉野が監督を務めた作品。小泉八雲の作品集「怪談」に収められた1編「雪女」を、新たな解釈で映画化した。杉野のほか青木崇高、山口まゆ、佐野史郎らがキャストに名を連ね、2017年の劇場公開を予定している。

この発表にあたり、蒼井は「作る側にいると、作品に対する想いが強すぎ、時に不安になることもあります。しかし、選考委員の方々の客観的な感想をいただけると『ああ、間違っていなかったんだ。』と、劇場公開に向けてぽんと背中を押された気持ちです」と、松井は「お金や打算なんかなく気持ちのみで作ったので、その映画で心動いた方が熱意で選んでくれたかと思うと……よかった。ほんとよかった。連絡が来た時、ほっとして泣きました」とコメント。杉野も「日本で親しまれてきた、小泉八雲の面妖なお伽話『雪女』の新釈を東京で初上映できることは、意義深いことだと捉えています」と話している。

なおこの2本以外のコンペティション部門選出作品は、9月26日に発表される。

蒼井優 コメント
東京国際映画祭、コンペティション部門に選んでいただき、ありがとうございます。一足早く作品をご覧になった関係者の方々が「良かった」と思ってくださったこと、素直に嬉しいです。作る側にいると、作品に対する想いが強すぎ、時に不安になることもあります。しかし、選考委員の方々の客観的な感想をいただけると「ああ、間違っていなかったんだ。」と、劇場公開に向けてぽんと背中を押された気持ちです。心から感謝申し上げます。映画祭当日は、アズミ・ハルコチームみんなでとにかく楽しみたいと思います!

松居大悟 コメント
コンペティション部門、とても光栄です。お金や打算なんかなく気持ちのみで作ったので、その映画で心動いた方が熱意で選んでくれたかと思うと……よかった。ほんとよかった。連絡が来た時、ほっとして泣きました。東京国際映画祭は3年前に日本映画スプラッシュ部門「自分の事ばかりで情けなくなるよ」で参加したのですが、映画に関わる人たちが国境を越えて繋がっていく幸せがありました。まだまだ難しい立ち位置ですが、日本という舞台で海外の方と戦えることを誇りに思います。

杉野希妃 コメント
監督としてコンペティション部門に参加させていただくことになり、とても嬉しく光栄に思います。日本で親しまれてきた、小泉八雲の面妖なお伽話「雪女」の新釈を東京で初上映できることは、意義深いことだと捉えています。支えてくださった関係者の皆さんに改めて感謝します。
雪女という得体の知れない存在と何年か向き合い、目に見えない大きな力に導かれてきたような気がします。人と妖女の幻想奇譚を、どうぞご期待ください。

最終更新:9/15(木) 20:09

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]