ここから本文です

孤独な少年と後見人のプラトニックBL「僕と彼の進化論」pixiv人気作が書籍化

コミックナタリー 9月15日(木)20時14分配信

青がpixivにて発表していた「僕と彼の進化論」の単行本が、本日9月15日にKADOKAWAより刊行された。

「僕と彼の進化論」は超能力を持った身寄りのない少年・ヨハンと、彼を引き取った男性・ロベルトの関係を描くプラトニックなBL作品。子供が苦手なロベルトは彼のことを面倒な荷物と考えていたが、年齢に似合わずやけに遠慮がちな性格や、不幸な生い立ちを知るにつれてヨハンに対する気持ちが膨れ上がっていく。単行本ではWeb掲載分が加筆修正され、描き下ろしの番外編も収録されている。

一部書店では購入者特典を配布。アニメイト、中央書店、とらのあな、公式サイトでリストが公開されている応援団書店では、それぞれ描き下ろしイラストを印刷したペーパーやカードを展開している。詳細はB's-LOVEYの公式サイトにて確認を。

最終更新:9月15日(木)20時14分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。