ここから本文です

広島・石原が先制の犠飛、新井が生還

デイリースポーツ 9/15(木) 19:32配信

 「広島-巨人」(15日、マツダスタジアム)

 広島が四回、石原慶幸捕手(37)の犠飛で先制した。

【写真】ファンの熱狂に新井「びっくり」…ついついニヤつく?

 先頭の新井が中前打で出塁。鈴木が四球でつなぐと、1死を挟んでエルドレッドもフルカウントからボールを見極め一塁へ歩いた。1死満塁。石原はカウント3-1からの5球目、真ん中低めの直球を捉えた。打球は中堅後方に上がり、フェンス手前で長野が捕球。その間に三走・新井が悠々と先制の本塁を駆け抜けた。

 石原は「打ったのはストレート。チャンスだったので何とかランナーを還したかったので、最低限の仕事ができたのでよかったです」と額から流れる汗をぬぐった。

最終更新:9/15(木) 19:39

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]