ここから本文です

広島・石原が先制の犠飛、新井が生還

デイリースポーツ 9月15日(木)19時32分配信

 「広島-巨人」(15日、マツダスタジアム)

 広島が四回、石原慶幸捕手(37)の犠飛で先制した。

【写真】ファンの熱狂に新井「びっくり」…ついついニヤつく?

 先頭の新井が中前打で出塁。鈴木が四球でつなぐと、1死を挟んでエルドレッドもフルカウントからボールを見極め一塁へ歩いた。1死満塁。石原はカウント3-1からの5球目、真ん中低めの直球を捉えた。打球は中堅後方に上がり、フェンス手前で長野が捕球。その間に三走・新井が悠々と先制の本塁を駆け抜けた。

 石原は「打ったのはストレート。チャンスだったので何とかランナーを還したかったので、最低限の仕事ができたのでよかったです」と額から流れる汗をぬぐった。

最終更新:9月15日(木)19時39分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]