ここから本文です

櫻井 ブラジルでの嵐人気を報告…リオ現地取材で体験

デイリースポーツ 9月15日(木)19時47分配信

 日本テレビのリオ五輪メーンキャスターとして現地取材も行った嵐の櫻井翔が15日、フジテレビ系「VS嵐」でブラジルでの嵐人気について語った。

 番組冒頭、嵐の5人でのトーク部分。櫻井はリオ五輪でのエピソードというテーマで「たまげたよ、ブラジルで嵐人気です」と報告。「陸上競技場出て、普通に記者として歩いてたら、スマホ持って歩いてた女の子が…」と切り出し、その女の子が信じられないといった表情で顔を上げ、「サクライサン…」と驚いたことを明かした。

 ほかにもバドミントンの会場では、入り口のセキュリティーチェックで、「向こうからドーーーッって(人が)来て、『サクライ…サン?』」と驚かれたことを告白。「ブラジルで、だよ。ブラジルで知ってる人がいるってことの事実」と自身も驚いたことを明かすと、松本潤から「それと、人気があるのは別!」と浮かれないよう、冷静にクギを刺された。

 櫻井は「オレ、最初、人気あるって言った?アレ、嘘だから」と苦笑い。「(嵐を)知ってる人がいた」と発言を修正し、二宮和也は「ちょっと期待しちゃった」と笑っていた。

最終更新:9月15日(木)19時49分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。