ここから本文です

米利上げ、見送りか=来週の金融政策会合

時事通信 9月15日(木)14時19分配信

 【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)は20、21両日、金融政策を決定する連邦公開市場委員会(FOMC)を開催する。

 昨年12月以来となる利上げに踏み切るかが最大の焦点。FRB内には前向きな意見があるが、慎重な声も根強く、市場では12月に先送りされるとの観測が広がっている。

 見送りの場合、これまで示していた年2回の利上げ想定は修正を迫られるのは必至で、金利正常化の道筋は不透明感が増しそうだ。一方で、利上げが決まれば「想定外」の事態に金融市場が混乱する恐れがある。 

最終更新:9月15日(木)14時25分

時事通信