ここから本文です

<民進党>「私の失敗の経験生かして」前原氏が自虐エール

毎日新聞 9月15日(木)20時35分配信

 ◇代表選投票前の最後演説で「蓮舫さんが代表になられたら」と

 「蓮舫さんが代表になられたら、私の失敗の経験を生かしていただきたい」--。15日の民進党代表選で、前原誠司元外相が投票前の最後の演説で異例のエールを送った。

 前原氏は自身が民主党代表だった2006年、旧ライブドア事件に絡む偽メール問題で代表辞任に追い込まれた。演説で前原氏は「事件の教訓は、しっかり裏付けを取ること。見通しを甘く持たないこと。すべての情報を開示すること。国民の前に真摯(しんし)になることだ」と呼びかけた。

 蓮舫氏の台湾籍への対応には党内外の批判が強く、同じ轍(てつ)を踏まないようアドバイスした形だ。蓮舫氏はその後の記者会見で「厳しい提言をくれるいい先輩がいるなと率直に感謝した」と語った。【葛西大博】

最終更新:9月15日(木)20時38分

毎日新聞