ここから本文です

ウクライナ、錦織単回避に驚きも複で「勝機はある」

日刊スポーツ 9月15日(木)12時26分配信

 16日に開幕する男子テニスの国別対抗戦、デ杯ワールドグループ入れ替え戦で日本と対戦するウクライナのミハイル・フィリマ監督(33)が錦織圭の第1日回避に驚きを見せた。

 会場の大阪・靱(うつぼ)テニスセンターで組み合わせ抽選に臨み、相手エースが第1日のシングルスに出場しないことが決まった。会見でフィリマ監督は「非常に興味深いドロー。非常に驚いた」と素直な心境を語った。

 錦織は杉田祐一とのペアで第2日(17日)のダブルスにエントリー。ウクライナはカレニチェンコ・スタホフスキー組で迎え撃つ。錦織が「ダブルスがうまい」と警戒するスタホフスキーは「ケイがシングルスに出ないことは驚きだが、ダブルスでの起用は想定内。ダブルスに関しては(錦織の)経験が少ない。我々は多くの経験をしている。勝機はある」と力強く言い切った。

最終更新:9月16日(金)10時25分

日刊スポーツ