ここから本文です

OSK、「eValue NS2」で国税関係書類のスマートフォンによる電子保存への対応と会計システムとの連携強化

Impress Watch 9月15日(木)16時5分配信

 株式会社OSKは、国税関係書類に関するスキャナー保存制度の要件緩和を受けて、スマートフォンによる領収書などの電子保存に対応した「eValue NS 2nd Edition(以下、eValue NS2) Rel.4」を9月20日に発売する。また、10月には「SMILE BS 2nd Edition 会計(以下、SMILE BS2 会計)」とワークフローとの連携強化を予定する。

 eValue NS2では従来より、領収書や請求書などの「スキャン登録」「タイムスタンプ自動付与」の搭載しており、社内の固定型スキャナーを利用すれば、簡単にタイムスタンプ付きのPDFとして「ドキュメント管理」に保存することが可能だった。

 今回の税制改正により、スマートフォンなどを活用した電子化が認められ、合わせて「特に速やかにタイムスタンプを付与」という運用上の見直しも行われている。eValue NS2はモバイル機器にも対応しており、その場で簡単に領収書などをドキュメント管理に登録できる。タイムスタンプは自動で付与されるため、例えば長期出張の際などにも、出先から要件を満たした電子化が可能となる。

 ドキュメント管理に登録した領収書などは、ワークフローや会計システムにリンクして活用することが可能。OSKの「SMILE BS2 会計」との連携では、「eValue NS2 ワークフロー」を利用した「経費精算」フォームで、簡単にドキュメント管理上の領収書を紐付けして申請でき、最終承認された経費データは「SMILE BS2 会計」に仕訳データとして登録できる。また、領収書(タイムスタンプ付きPDF)の文書属性には経費精算書の管理番号が自動登録され、これにより仕訳伝票と領収書も一括で関連付けでき、経理担当者の業務を効率化できる。

 このほかeValue NS2 Rel.4では、Microsoft Edgeへの対応や、ドキュメント管理における構成管理オプションの強化、ワークフローにおける申請フォームエディタの強化などを行っている。

 eValue NS2のメーカー希望価格(税別)は、ドキュメント管理が19万円から、ワークフローが37万円から、ドキュメント管理とワークフローのセットが40万円から、スケジューラ・コミュニケーションが19万円から、タイムスタンプオプションが20万円(タイムスタンプ発行費用として別途年額10万円が必要)。

クラウド Watch,三柳 英樹

最終更新:9月15日(木)16時5分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]