ここから本文です

AIで分析、スマホで完結する個人向け融資サービス ソフトバンクとみずほ銀が来年スタート

ITmedia ニュース 9/15(木) 19:19配信

 みずほ銀行とソフトバンクは9月15日、AIによるデータ分析を活用し、スマートフォンで手続きが完結する個人向け遊資(レンディング)サービスの提供を目的とした合弁会社を11月に設立すると発表した。来年前半の事業開始を目指す。

 みずほ銀行が持つビッグデータやローン審査ノウハウ、ソフトバンクが持つAIによるデータ分析のノウハウを融合。両社の取引情報や、顧客の思考・行動パターンなどを審査に活用し、審査応諾範囲の拡大や競争力のある金利水準を実現するとしている。

 専用のスマホアプリを開発。スマホだけで手続きが完結するという。顧客ごとに、信用度を示す「スコア」や借り入れ条件を表示する。顧客がアプリに追加情報を入力すると、それに応じてスコアや借り入れ条件も変わる仕組みだ。

 新会社の当初の資本金は50億円で、両社から50%ずつ出資。両社は新会社の事業を通じ、FinTechへの取り組みを強化するとしている。

最終更新:9/15(木) 19:19

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。