ここから本文です

夢を追い続ける元オリックス馬原さん 変わらない直球勝負な生き方

スポニチアネックス 9月15日(木)10時55分配信

 9月上旬にあったオリックスの博多遠征の際、小倉で途中下車した。職場放棄したわけではない。どうしても、ある『学生』に会いたくなったからだ。久しぶりの再会に少しドキドキしたが、私を見つけ「お久しぶりです」と寄ってきた顔は、あのときと同じ柔和なものだった。

【写真】現役時代の馬原さん、通算182セーブを挙げた

 馬原孝浩さん。「さん」をつけるとむず痒くなるが、日本歴代7位の182セーブを誇る、あの馬原だ。電話で取材を申し込むと快く了承してくれた。マウンドを降りると、いつもこんな優しい表情だったのが懐かしい。

 オリックスを退団し、昨年12月に現役を引退。野球解説者や講演会の依頼も多々あったが、全て断り、4月から「九州医療スポーツ専門学校」に入学した。柔道整復師と鍼灸師の国家資格取得を目指して猛勉強中。地元の福岡ではテレビや新聞などで取り上げられているようだが、大阪まではその情報は伝わってこない。だから会って、直接聞きたくなったわけだ。

 「今、人生で一番勉強していますよ」。そう言って笑った馬原さんは、同校の夜間部の授業を受講。月~土曜日まで毎日3時間の講義のため、自宅から学校のある北九州市まで車で片道1時間半、往復すると210キロある道のりを通っている。個人トレーナーをしてもらった方らの縁で同校に入学したが、授業料より交通費の方がかかるというのが、いかにも誠実な彼らしい選択だった。

 「資格取得まで3年。とにかく3年、頑張ろうと思っています。夜に学校に通って、昼間に復習して、試験前はずっと勉強していますよ」。聞けば、かなり膨大な勉強量のようだ。200ページ超の教科書は10何冊もある。それでも、満点近くをたたき出し1位だったテストもあるというから、さすがだ。

 夜間部は、未成年から70歳前後まで幅広い年齢層がおり、仕事をしながら勉強する人もいる。机に並べば元プロ野球選手の肩書きは通用しない。だが、「プライドを捨てないといけないでしょうね」と話す顔を見て理解できた。とにかく、勉強したいという情熱に満ちあふれているのだ。

 「将来、トレーナーになりたいんですか?」と聞かれるらしい。それは違う。「なんていうか、自分にしかできないことをやりたかったんです」。そう切り出すと、現役時代の苦労から、今の率直な気持ちまで全てを語ってくれた。

 ソフトバンクで一時代を築いたクローザーだが、けがに泣かされた時期も長かった。07年にはチーム事情で4イニングを投げたことがあった。先発の4イニングではない。状況によっては連投しなければいけないクローザーにとって、4イニングは体にかかる負担は尋常ではなく、常識では考えられない。その日を境に体の異変が取れなくなった。「それからは、1球も自分の思うように投げられなくなった」。蓄積された違和感は、08年の右肩炎症、さらに12年の右肩手術へとつながっていった。

 しかし、そんな苦しみを周囲には見せなかった。通算記録でいうと07年までは158試合に登板し89セーブ。一方、08年以降は227試合で93セーブ。全く遜色がない。そして13年、オリックス移籍1年目の3月。運命を変える負傷を負った。「右鎖骨下にある腕神経叢の炎症」。日本球界では聞いた事がなく、メジャーリーグでも数例しかない症例だ。ケガの回復につながればと英語の文献まで取り寄せて研究したが、右腕のしびれは消えず。何カ所も治療院を回ったが、良くなる気配は一切なかった。

 13年オフは個人トレーナーと二人三脚で、マッサージやストレッチなどを追求した。毎日5時間、3~4カ月を費やした。迎えた14年。「一日でもトレーニングを抜くと、投げられない日々だった」という中で、自己最多の55試合に登板。選手生命の危機から、見事にはい上がった。ちなみに「右腕のしびれは、今でもなくならない」と右腕を見せてくれた。人間の体の限界を超えていたのかもしれない。体のことを、もっと勉強したくなったきっかけだ。

 究極の目標は「自分の体でいろいろ研究すること」だという。「これまで試合で答え合わせをしてきた。それがぼくの強みですから」。確かに投げられないはずの体で150キロを投げ、182セーブ挙げた柔道整復師や鍼灸師はどこにもいない。将来、治療を受ける現役選手のために、自らの体を使って研究するというのは私の想像を超えていた。今は心理学などにも興味があるという。「いろんなことを独学で勉強しないと。体を触れられる側の心理も絶対に大事ですから」。とことん突き詰める生き方は、現役時代と全く変わっていなかった。

 正直、いつかはユニホームを着た指導者の彼と、グラウンドで会えると思っていた。ふと、昨年9月の、あのときのことを思い出した。左膝のケガがあった馬原に対し球団は年俸1億3500万円(推定)からの1億円以上のダウン提示。戦力外通告と受け取った馬原は退団を決意した。神戸を去る直前、無理だと分かっていたが、「辞めないでほしい」とストレートに思いをぶつけたことがあった。それでも、彼は静かに思いを語った。

 「別にオリックスに恨みなんてないんです。仕方のない事情があるんでしょう。ソフトバンクでクローザーになって、結果が出なくなったときは、辞めるときと決めていたので」

 バカなやつだ。あれだけ頑張った14年オフに、複数年契約を結んでおけば、こんな事にはならなかったのに。ソフトバンク時代のインセンティブ(出来高)契約も自ら放棄し、1年勝負という信条を曲げなかった。もっとバカなのは、オリックスだ。こんな人材、望んでも2度と手に入らない。FAの人的補償で獲ったとはいえ、これも縁。特に、若くてケガに悩む選手には、いいアドバイスを送れただろうに。どんな形でも、チームに残す形はなかったのか。あの時、神戸を去っていく馬原の後ろ姿を見て、無性に寂しくなった…。

 話に引き込まれて、ついつい長話をした。気がつけば、隣で女子会していたグループもいなくなり、入店したときの喫茶店の客は大半が入れ替わっていた。しかし、あれから1年近く経ったが、直球勝負な生き方は変わっていない。

 「野球界に残ろうという選択肢はなかったですね。とにかく、自分に時間を使いたかった。でも、資格を取ったからといって、ビジネスとか儲けたいとは思わないんです」

 話を聞けば聞くほど、将来像が見えなくなった。じゃあ、何を目指しているの?

 「今は考えるべきではないと思っています。これから2、3年で自分がどう思うか。この思いを、将来どう解き放つか。良い話も悪い話もあると思いますが、自分が未熟では一番良くないのかなって。でも正直、今は考える余裕もないんですよ。勉強が本当に忙しくて」。

 ゴメンね。勉強の時間を割いてもらって。そう謝り、握手をして別れた。

 野球選手には時々、年下だけど素直に尊敬できる男がいる。馬原孝浩が、そうだ。5年後、10年後、いやもっと先、どうなっているのか。私も彼の夢を追い続けたいと思っている。(オリックス担当・鶴崎 唯史)

最終更新:9月15日(木)15時54分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]