ここから本文です

<水上パレード>リオ五輪銀の坂井選手祝い 福岡・柳川 

毎日新聞 9月15日(木)20時59分配信

 リオデジャネイロ五輪競泳男子200メートルバタフライで銀メダルの坂井聖人(まさと)選手(21)=早大3年=を祝う水上パレードが15日、出身地の福岡県柳川市であった。

 さらに上をと縁起を担いで通常の川下りとは逆の川上りは、3月の琴奨菊関の優勝パレード以来。約1万5000人(主催者発表)が地元40年ぶりのメダリストを祝福した。

 両親らと一緒にどんこ舟で掘割の約2キロを初めて川上りした坂井選手は「新鮮で心地よかった」と興奮気味。「何回も味わいたい」と4年後の活躍を誓った。【井上和也】

最終更新:9月15日(木)21時3分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。