ここから本文です

王将社長射殺事件 取引先を1月に家宅捜索 京都府警

産経新聞 9月15日(木)14時56分配信

 「餃子の王将」を展開する王将フードサービス(京都市山科区)の前社長、大東(おおひがし)隆行さん=当時(72)=が平成25年12月、本社前駐車場で射殺された事件で、京都府警が今年1月、取引先だった京都市内にある企業グループ経営者の関係会社事務所を家宅捜索したことが15日、捜査関係者への取材で分かった。経理書類などを押収したという。

 王将と暴力団など反社会的勢力との関係を調べた第三者委員会は3月、王将の創業家とこの経営者の企業グループの間で、計約260億円に上る不透明な取引があったと指摘。王将はその後、事件後も続いていた契約を解除した。

 大東さんは25年12月19日午前5時45分ごろ、出勤時に乗用車を降りた直後、何者かに射殺された。

最終更新:9月15日(木)15時21分

産経新聞