ここから本文です

『みんGOL』大好き編集者が大失態!? 『New みんなのGOLF』体験リポート【TGS 2016】

ファミ通.com 9/15(木) 23:56配信

文・取材:編集部 ふじのっち、撮影:カメラマン 小森大輔

●国内初の『New みんGOL』プレイアブル出展!
 2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ 2016(15日・16日はビジネスデイ)。プレイステーションブースでは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアから2017年夏に発売予定のプレイステーション4用ソフト『New みんなのGOLF』(以下、『New みんGOL』)が、国内では初めてプレイアブル出展されています。今回は、本作の開発者の方々に解説していただきながらプレイするという贅沢な試遊を体験できました。その模様をご覧ください!

●あーあ、やっちゃった……
 『New みんGOL』をひと足早くプレイできる! こんなおいしい取材があると知り、本作の記事担当でもある僕は喜んで立候補しました。それと同時に、『みんGOL』が大好きすぎて『みんGOL』大好き編集者で“レンジャ隊”なるグループまで作ってしまった“ミドレンジャ”こと、週刊ファミ通副編集長兼ファミ通コンテンツ企画部編集長の大塚角満にも参加するかを確認しておくことに。あとでこの取材のことがバレたら、「なんで俺に言ってくれなかったんだ!」なんて怒られちゃうのもイヤだからね。そんなわけで、取材の内容を大塚に伝えると、案の定「行く行く! 俺も連れてって!」と大喜び。ああ、先輩に対していいことしたなあと、このときは思っていたのに……。


 そして迎えた東京ゲームショウ2016の初日(9月15日)。僕は、待ち合わせの時間と場所を伝えるため、大塚角満に電話を入れた。


 トゥルルルル……

大塚 「どうした?」
ふじ 「あ、大塚さん。今日の待ち合わせですけど、10分前に会場の前でいいですか?」
大塚 「え?」
ふじ 「いや、『New みんGOL』のプレイ取材の件です。まだ30分くらい時間ありますけど」
大塚 「……明日じゃなかったっけ?」
ふじ 「…………え?」
大塚 「……………明日だと思って、いま会社で原稿書いているんだけど……」
ふじ 「……プツッ(電話を切る)」


 というわけで、やらかしちゃった先輩を見捨てて、ひとりでプレイ取材に行ってきました!

●ショットを打つ前から「すげーーーーーーー!」を連発
 前置き(?)がすっかり長くなりましたが、お待たせしました! ようやくプレイリポートです! ちなみに東京ゲームショウ2016では、オープンコースをラウンドしながら釣りやアイテム探しなどを楽しめる“オープンコースモード”と、4対4の“ホール争奪戦”が楽しめる“チーム対戦モード”という、2種類のモードが出展されており、今回遊ばせてもらったのは“オープンコースモード”のほう。ゴルフはもちろん、『New みんGOL』の特徴のひとつである“ゴルフ以外の遊び”もじっくり体験できる、ひと粒で二度おいしいモードと言えるでしょう。しかも、本作の開発スタッフに解説していただきながらプレイできるという、なんとも恵まれたシチュエーション! 大塚さん、マジでもったいないなあ……。
 ゲームをスタートすると、コース全景の映像が流れるのですが、思わず「すっげーーーー!」と大声を出してしまったくらいのインパクト。本作は、これまでのシリーズとは異なり、9ホール一体型のオープンコースへと進化を遂げているのですが、まーとにかくコース全体が広いこと! この映像を見ただけで、『New みんGOL』が“New”であることを実感できると思います。なお、オープンコースモードで体験できるのは、(1)ゴルフをする (2)釣りをする (4)カートに乗る (5)アイテムを探す の計4つ。(3)と(6)は“乞うご期待!”と表示されていました。まずは(1)をプレイすることで、残りの(2)(4)(5)がオープンするとのことなので、さっそくゴルフを! ちなみにホールはHOLE1~HOLE3をプレイ可能で、HOLE1がPAR4、HOLE2がPAR3、HOLE3がPAR5と、ショートからロングまでの各コースがひとつずつ用意されていました。

 記念すべき1ホール目。ショットはこれまでのシリーズ同様、○ボタンを3回押し(最初に1回、パワー決定で1回、ショットで1回)です。開発者が見ているという緊張感と、久しぶりの『みんGOL』ということで、ウサギ(ショットが早すぎ)やカメ(遅すぎ)を連続で出してしまいました(笑)。でもアプローチはバッチリ決まって、なんとかパーオンに成功。そしてパター画面になったところで、“New”な部分を発見! 「パターも○ボタン3回押しにしたんですよ」(村守氏)。これまでは、始動→パワー決定の2回だったのが、ショットと同様の仕様になっていました。これは小林氏のアイデアで、「パターでも緊張感が味わえるように」(小林氏)とのこと。この仕様変更に思いっきり緊張して、50%くらいのパワーでいいところをほぼ100%のパワーで打ってしまいましたが、東京ゲームショウ仕様の“でかカップ”(カップのサイズが通常よりもかなり大きい)のおかげでなんとかカップインし、パーで乗り切ることに成功! 1ホールを終えて感覚を取り戻してからは、頻繁に“NICESHOT!”が出せるように。いろいろ“New”な部分がありながらも、これまでの経験で身についた“『みんGOL』感覚”もムダにはならないという、とても絶妙なバランスに仕上がっているなと思いました。
 そうそう、週刊ファミ通2016年9月29日号(2016年9月15日発売。つまり本日発売! 買ってね!)に掲載しているインタビューでも村守氏が語っているのですが、とにかくショットが気持ちいい! 体感すればすぐにわかりますので、東京ゲームショウ2016に来られる方は、ぜひ打ってみてください。思わず「気持ちいいっ!」と言ってしまうはずですよ。
 ちなみにHOLE3(PAR5)では、コースをデザインした小林氏のアドバイスで、隣りのHOLE4のフェアウェイにティショットを打つというショートカットを実践! 惜しくも2オンは逃しましたが、通常では狙うのが難しい2オンも、戦略をしっかりと練ることで狙えるということがわかりました。これも9ホール一体型になったことで実現した特徴のひとつと言えるでしょうね。プレイされる方は、このショートカットにもチャレンジしてみてください。

●池で泳ぐこともできちゃう!?
 前述した通り、コースをプレイしたことで、ゴルフ以外の要素もプレイ可能に。そこで、まずは釣りを試してみました。釣りは、池の近くにいる係のお姉さんに話しかけて釣竿を貸りることでプレイ可能になります。釣りの操作はとても簡単で、キャスト(投げる)可能なマークが出ているところで○ボタンを押すだけ(長押しで遠投)。水面に魚影が映っているのですが、魚影がたくさん見えるところに投げるといいみたいです(魚影がたくさん見えるところに投げたら、お褒めのコメントが表示されましたので)。そして、ウキの動きを見ながらアタリを合わせるのですが、最初は合わせが遅くてエサを取られてしまいました……。しかし、3度目のチャレンジでヒット! 魚がヒットしたらゲージに合わせて○ボタンを連打するのですが、ゲージが振りきれてしまうとラインブレイク(釣り糸が切れて逃げられる)してしまうので、大胆かつ慎重な連打が求められます。なお、池では釣り以外にも、泳ぐことも可能なんだとか! それを聞いてさっそく試してみましたが、試した場所が浅瀬だったため、残念ながら泳ぐことができず……。無念! 

 釣りのつぎは、カートの運転を体験。村守氏いわく、コースがあまりにも広すぎるためにカートを導入したとのこと。PVでも、みんなでコース内をカートで走っているシーンを確認することができましたが、実際に走ってみると、コースの中をカートで自由に疾走するのが、なんとも爽快で気持ちいい! しかも、フェアウェイやバンカーの中を走れるだけでもビックリなのに、浅瀬を突っ切ったり、橋の上を走ったりといったこともできちゃうんです。「これ、ゴルフゲームですよね?」と思わずツッコみたくなりますが、こういったゴルフ以外の遊びが充実しているのも『New みんGOL』の“New”なところですよね。

 最後は“アイテムを探す”をチョイス。すると、コースのいたるところに宝箱やコインが落ちています! これを拾い集めていくわけですが、とにかくコースが広いので、どこに何が落ちているかを探すのもひと苦労……? ご安心ください。アイテム探しの際にも、先ほどのカートが使用できます。さらに□ボタンでダッシュも可能なので、これらを駆使した結果、より短時間でアイテム探しが楽しめました。さらに村守氏いわく「どこに何が落ちているかを、ほかのプレイヤーに聞くというのも考えています」とのこと。貴重なアイテムが落ちているときに、たとえば「9番ホールのグリーン裏にあったよ」といった感じで情報交換ができたら、便利なうえにコミュニケーションも図れていいかも!
 と、アイテムやコインを集めていると、突然イベントが発生! ちなみに今回発生したイベントは“HOLE2でPAR以上を出す”というもので、無難にPARでクリアーした結果、大量のコインをゲットできました。このようなリアルタイムのイベントが発生したりするのも、オンラインの要素もある本作ならではですね。

 そんなこんなで、『New みんGOL』をガッツリと体験させていただきましたが、コースが9ホール一体型のオープンコースになっているのも“New”だし、釣りや泳ぎ、カートでコースを疾走といったゴルフ以外の遊びも“New”。いい意味でこれまでの『みんGOL』シリーズとは違うなというのを十二分に実感することができました。ただ、今回体験できたのは“オープンコースモード”のみで、最大4対4で対戦できる“チーム対戦モード”が未体験なんですよね……。こちらもゲームショウ開催中にぜひプレイして、“New”な部分をさらに味わいたいと思います。

 最後に業務連絡。大塚さん、明日は朝イチで並んででも『New みんGOL』をプレイしておいたほうがいいですよ! あ、もちろん一般日にプレイされる読者の皆さんもね!!

New みんなのGOLF
メーカー:ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア
対応機種:プレイステーション4
発売日:2017年夏発売予定
価格:未定
ジャンル:アクション / スポーツ

最終更新:9/15(木) 23:56

ファミ通.com