ここから本文です

阪神メッセンジャー七回途中7失点で降板

デイリースポーツ 9/15(木) 21:04配信

  「阪神-DeNA」(15日、甲子園球場)

 阪神の先発メッセンジャーが再び勝ち越しを許した。5-5の七回、1死一塁から2番関根に、右中間をライナーで真っ二つに割られた。続く3番ロペスにもしぶとく中犠飛され7点目を献上した。

【写真】北條やっちゃった…痛恨悪送球

 さらに、筒香、宮崎に連打されたところで降板。味方の拙守に足を引っ張られ、6回2/3を投げ、10安打7失点(自責2点)の結果に終わった。

最終更新:9/15(木) 21:42

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]