ここから本文です

ASUS、独自OCで180Hz駆動を実現した24型ゲーマー向け液晶

Impress Watch 9月15日(木)17時16分配信

 ASUSは、独自オーバークロックで180Hz駆動を実現した24型液晶ディスプレイ「ROG SWIFT PG248Q」を9月17日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は68,000円前後。

 独自のオーバークロックによりパネルの上限である144Hzを超えた、180Hzのリフレッシュレートを実現。格段に滑らかな表示が可能としている。また、応答速度も1msでちらつきを抑えているほか、NVIDIA G-SYNCや3D Visionにも対応。このほか、画面上に照準を表示する「Corsshair」モード、経過時間を表示する「Timer」モード、画面のフレームレートを表示する「FPS Counter」モードなどを備えた「GamePlus」機能、ブルーライト軽減機能も搭載する。

 主な仕様は、解像度が1,920×1,080ドット(フルHD)、パネルがTN、表示色数が約1,677万色、輝度が350cd/平方m、輝度が1,000:1、視野角は上下160度/左右170度、パネルはTN。インターフェイスはDisplayPort 1.2、HDMI 1.4。USB 3.0×2のHubも装備する。

 スタンドは、前5度/後ろ20度のチルト、左右60度のスイベル、120mmまでの高さ調節、90度ピボットに対応。本体サイズは561.6×237.9×418.2mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約6.6kg。

PC Watch,若杉 紀彦

最終更新:9月15日(木)17時16分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]