ここから本文です

でんぱ組×Wienners、超満員の会場で熱気あふれる3年ぶり対バン

音楽ナタリー 9月15日(木)22時27分配信

でんぱ組.incの対バンツアー「はやぶさかがやきツアー2016」の番外編が、9月8日に東京・TSUTAYA O-EASTにて開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

7月上旬から東北・北陸地方を中心に10カ所で11組のアーティストと対バンを繰り広げたでんぱ組.inc。8月25日に東京・Zepp Tokyoで行われたFear, and Loathing in Las Vegasとの最終公演でツアーは閉幕したものの、追加公演を番外編として実施することがアナウンスされた。その相手は彼女たちの楽曲を手がけた玉屋2060%(Vo, G)擁するWienners。実に3年ぶりとなる2組の共演を観ようと会場には大勢のファンが集結した。

先行のWiennersは軽快なBGMと共にステージに登場。玉屋は「はやぶさかがやきツアー! いくぞー!」と叫び「DIAMOND DUST」で勢いよくライブを開幕させた。早くもハイテンションとなったオーディエンスに向けて彼らは、アサミサエ(Vo, Key)がメインボーカルを務める「レスキューレンジャー」、激しいサウンドでフロアを大きく揺れ動かした「ジュリアナディスコゾンビーズ」、人気曲「VIDEO GIRL」を投下して序盤から会場を熱気で満たした。

中盤には早くもこのツアーのだいご味となったコラボが実現。フロアに玉屋が手がけたでんぱ組.incの「でんぱれーどJAPAN」のイントロが鳴り響くとでんぱ組.incメンバーがステージに登場し、オーディエンスのボルテージが一気に上昇する。彼らの演奏に乗せてでんぱ組.incは生き生きと同曲を歌い上げ、会場はこの日一番の盛り上がりを見せた。

玉屋はMCで「でんぱ組.incとの対バンは3年ぶりでね。皆さん、お久しぶりです。異文化交流はいつも見れない光景が見れるのが素晴らしい。お互いがお互いの文化を誇りに思っているよね。俺たちの文化も見せつけたい」と語り、Wiennersが10月5日にリリースするミニアルバム「GOKOH」に収録される新曲「おおるないとじゃっぷせっしょん」を高らかに歌い上げた。玉屋が「踊り足りないぞ! 渋谷ー!」と叫び観客の感情を高ぶらせて、ラストナンバー「蒼天ディライト」をドロップ。拍手喝さいを受けながらWiennersはでんぱ組.incへとバトンを渡した。

でんでんバンドを従えて颯爽と登場したでんぱ組.incは、「破!to the Future」「NEO JAPONISM」とアッパーなナンバーでフロアの熱気を再上昇させる。歌唱後に古川未鈴は「Wiennersのライブ、最高だったね!」と感想を語る。さらにこのツアーを振り返りながら「ついに終わってしまうんだね」と6人で感慨にふけりながらも「まだまだ最高の夏にするよ!」と成瀬瑛美が述べ、このツアーでは定番となった夏メドレーを投下した。

「おつかれサマー」で会場をすっかり夏一色に染め上げた6人は、打って変わってバラードコーナーへと突入。彼女たちは「ユメ射す明日へ」「キボウノウタ」を感情を込めながらしっとりと歌い上げてオーディエンスから大きな拍手を受ける。ライブ終盤では「Future Diver」「ちゅるりちゅるりら」の2曲のアッパーチューンを投下して、両グループのファンのテンションを上げたところで、最後に代表曲「でんでんぱっしょん」を届けた。

最後のMCではグループ初のベストアルバム「WWDBEST ~電波良好!~」を12月21日にリリースすることを発表。大歓声に包まれながら相沢梨紗はでんでんバンド、Wienners、そしてツアーを共に盛り上げてくれたファンへの感謝の言葉を述べ、この日のライブを締めくくった。

なおでんぱ組.incは来年1月にアリーナツアー「でんぱ組.inc 幕神アリーナツアー2017 電波良好Wi-Fi完備!」を行う。公式サイトでは9月27日12:00から10月3日23:59までチケットの先行予約を受け付ける。

でんぱ組.inc「はやぶさかがやきツアー2016」番外編
2016年9月8日 TSUTAYA O-EAST セットリスト
Wienners
01. DIAMOND DUST
02. レスキューレンジャー
03. ジュリアナディスコゾンビーズ
04. VIDEO GIRL
05. でんぱれーどJAPAN
06. シャングリラ
07. ドリームビート
08. おおるないとじゃっぷせっしょん
09. 姫君バンケット
10. Justice4
11. LOVE ME TENDER
12. 蒼天ディライト

でんぱ組.inc
01. 破!to the Future
02. NEO JAPONISM
03. 夏メドレー(Kiss+Kissで終わらない、ノットボッチ…夏、おつかれサマー)
04. すきすきソング
05. ユメ射す明日へ
06. キボウノウタ
07. Future Diver
08. ちゅるりちゅるりら
09. でんでんぱっしょん

でんぱ組.inc「でんぱ組.inc 幕神アリーナツアー2017 電波良好Wi-Fi完備!」
2017年1月6日(金)千葉県 幕張イベントホール
2017年1月8日(日)千葉県 幕張イベントホール
2017年1月9日(月・祝)千葉県 幕張イベントホール
2017年1月14日(土)兵庫県 ワールド記念ホール
2017年1月15日(日)兵庫県 ワールド記念ホール

最終更新:9月15日(木)22時27分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。