ここから本文です

民進新代表に蓮舫氏 女性初、発信力評価

日刊スポーツ 9月15日(木)15時2分配信

 民進党の新代表を決める臨時党大会は15日、都内のホテルで行われ、蓮舫代表代行(48)が、前原誠司元外相(54)玉木雄一郎国対副委員長(47)を大差で突き放し、圧勝で代表に選出された。

 前身の民主党時代を含めて、同党の女性代表は初めて。

 党員・サポーター、地方自治体議員に、国会議員などの投票を加えた総ポイント数は、蓮舫氏が503ポイントと第1回投票で、過半数を獲得した。前原氏は230ポイント、玉木氏は116ポイントだった。

 ただ、党大会開会に先立ち、一部議員が、二重国籍問題に関する蓮舫氏の説明不足などを理由に、代表選のやり直しを執行部に要求するひと幕があった。しかし、執行部側は応じず、選挙管理委員会は「公平公正な選挙戦が行われた。粛々と(党大会を)行う」として、予定通りの日程を進めた。

最終更新:9月15日(木)18時29分

日刊スポーツ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。