ここから本文です

民進党の新代表に蓮舫氏「弱い弱い子どもたちを大事にしたい、守りたい」

スポーツ報知 9月15日(木)14時33分配信

 民進党代表選は15日午後、都内ホテルで行われた臨時党大会で投開票され、蓮舫氏(48)が前原誠司氏(54)と玉木雄一郎氏(47)を破って新代表に選出された。旧民主党時代も含めて女性の代表は初めて。選挙戦中に台湾との二重国籍問題が浮上して批判を受けたが、所属議員、党員・サポーターから高い支持を得た。

 蓮舫氏は、投票前の決意表明で「私の不確かな記憶や発言でご迷惑をお掛けしたことをお詫び致します」と謝罪し「私は17歳から日本人です」と明言した。

 続いて、今まであまり語ることのなかった自らのバックグラウンドについて振り返る異例の訴えをした。「台湾の祖母が『孫が生まれたら蓮という字を付けてもらいたい』と強く願ったと父から何度も聞かされました。蓮は平和の象徴です。初めて生まれた女の子の孫は私でした。おばあちゃんは私に、いつか幸せな時が来たら、蓮の花を人々が愛でる静かな時間が持てるように、蓮の花の船をいくつも紡いでつないでいくと願って蓮舫という名前を付けてくれました。蓮は泥沼の中で凜とした花を咲かせます。私は蓮舫という名前に誇りを持っています」

 さらに、17歳時の国籍選択の思いや自らの子育て時代についても語り、最後は「弱い弱い子どもたちを大事にしたい、守りたい、というのが私の政治家の原点です。子どもを大切にするい国を、民進党でみなさんとつくりたい」を訴え、支持を集めた。

最終更新:9月15日(木)14時38分

スポーツ報知

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。