ここから本文です

王者・山中慎介、11度目の防衛へ「いいパンチが当たれば強引にいく」

スポニチアネックス 9月15日(木)13時51分配信

 ボクシングのダブル世界戦(16日、エディオンアリーナ大阪)の前日計量が15日、大阪市内のホテルで行われ、WBC世界バンタム級タイトルマッチは11度目の防衛を狙う王者・山中慎介(33=帝拳)がリミットいっぱいの53・5キロ、挑戦者の同級1位アンセルモ・モレノ(31=パナマ)が100グラム軽い53・4キロで一発パスした。

 ペットボトル1本を飲み干した山中は「計量も終えて、一気飲みして汗も吹き出て調子がいい証拠」と笑みを浮かべ「厳しい戦いを覚悟しているけど、確実に自分が勝ったと思われる試合をする自信もある。いいパンチが当たったときには強引に行くかもしれない」と話した。このあと何を食べたいかと聞かれると「吉本新喜劇に行きたいな」と話して笑いを誘った。

 また、WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチは王者ウーゴ・ルイス(29=メキシコ)、3階級制覇を狙う挑戦者の長谷川穂積(35=真正)ともにリミットいっぱいの55・3キロでクリアした。

最終更新:9月15日(木)14時59分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]