ここから本文です

「やんばる国立公園」誕生 沖縄北部、希少生物の宝庫

朝日新聞デジタル 9月15日(木)20時15分配信

 沖縄本島北部のやんばる地域が15日、「やんばる国立公園」として正式に指定された。新規の国立公園指定は2014年の沖縄県の慶良間諸島以来で33カ所目。絶滅が危ぶまれる固有種ヤンバルテナガコガネが発見された1983年9月15日にちなんだ。

【写真】深い密林が広がる「やんばる」。左奥は辺戸岬=14日午後、沖縄県国頭村、小宮路勝撮影

 公園には国内最大級の亜熱帯照葉樹林が広がり、ヤンバルクイナやオキナワトゲネズミ、ノグチゲラなど希少な生物がすむ。面積は陸域・海域の計1万7千ヘクタール。日米両政府が一部返還に合意した米軍北部訓練場(約7800ヘクタール)は含まれておらず、返還後に扱いを検討するという。

 政府は沖縄県のやんばる地域と西表島、鹿児島県の奄美大島、徳之島をあわせて世界自然遺産への登録を目指す。そのため、環境省は現在、鹿児島の2島についても国立公園指定に向け地元と調整している。

朝日新聞社

最終更新:9月16日(金)10時4分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。