ここから本文です

【F1】ロズベルグ、シンガポールは「レッドブルのトラック」

ISM 9月15日(木)14時37分配信

 シンガポールGPでの初優勝を目指すニコ・ロズベルグだが、マリーナベイ・ストリートサーキットは「レッドブルのトラック」だと述べている。

 ロズベルグはベルギーとイタリアで連勝し、ドライバーズチャンピオンシップでのルイス・ハミルトンとの差を2ポイントに縮めている。

 しかしメルセデスは昨年、シンガポールで苦戦を強いられ、ハミルトンとロズベルグは予選で5位と6位。レースではハミルトンはリタイア、ロズベルグは4位に終わった。

 それでもロズベルグは、ここ最近のレースでの勢いと強さを今週末のシンガポールGPでも維持したいと考えている。

 ロズベルグは「ここはレッドブルのトラックで、昨年、僕たちはあまり強くなかった」

 「でも、チームを信頼しているし、自分自信への信頼も今までと同じくらい強い」

 「毎週末、レースに勝つことを目標にしてアプローチしている。ポイント差は大きくなったり小さくなったりしているけれど、1レースずつそれを受け入れている。それが僕にとってベストな方法なんだ。今の差を見ればわかるようにね」と語った。

 またハミルトンは、今週末のメルセデス同士の接戦に備えている。

 「昨年、最高の週末を過ごせなかったから、今回はうまく対処できることを期待しているよ」とハミルトンは語った。

 「いずれにしろ、楽なドライブにはならないと思う。2014年にここで優勝した時でさえ、楽ではなかったんだ」

 「フェラーリとレッドブルが来ると確信しているから、上位に入れたら熾烈な争いになる」(情報提供:GP Update)

最終更新:9月15日(木)14時37分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]