ここから本文です

みずほ銀×ソフトバンク「フィンテック貸金業」のメリットは?

ITmedia Mobile 9月15日(木)21時19分配信

 みずほ銀行とソフトバンクは9月15日、個人向けレンディング(貸金)サービスの提供を目的とする合弁会社の設立で合意した。合弁会社は両社の折半出資で11月中に設立し、2017年前半の事業開始を予定している。

【フィンテック貸金業で目指す姿】

 この合弁会社では、ビッグデータや人工知能(AI)などのIT技術を活用する金融「フィンテック(FinTech)」にもとづく貸金業務を行うという。従来の個人向けローンと比較した際のメリットはどこにあるのだろうか。

●「情報提供」で融資を受けやすく

 両社が設立する合弁会社は、「今までとは全く違うレンディングの世界を作る」(みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長)という意図のもと、新ブランドのもとでサービスを展開する予定だ。

 その目指す姿は「夢の実現を応援」することにあるという。例えば、MBA(経営学修士号)取得のための留学費用、音楽でプロを目指すための費用、子どもの教育資金、旅行資金といった個々人の持っている夢をかなえるための融資を行うという。

 それを実現するために、合弁会社では「スコア・レンディング」という手法を用いる。この手法では、収集した情報をスコア(点数)化して融資の可否や融資条件(融資限度額や金利)を決定する。

 収集する情報は、既存のカードローンなどの審査でも用いている信用情報(クレジットカードなどの契約・利用状況など)や属性情報(勤務先、年収、住居など)だけではなく、みずほ銀行やソフトバンクでの取引情報、SNSでの投稿情報なども含まれる。

 信用情報や属性情報以外の情報もスコアとして反映されるため、従来型の審査では「蚊帳の外」だった人でも、融資を受けられる可能性があることが大きなメリットだ。また、より多く情報を提供することで、より有利な条件で融資を受けられることも利点となる。

 ただし、融資条件を良くするには、より多くの情報を提供する必要があるという点には注意が必要だ。メリットは見方を変えればデメリットにもなり得るのだ。そのことを意識してか、スコア・レンディングに伴う情報収集は、申込者の明確な同意がない限り行わないことにしている。

●スマホ1台で完結

 合弁会社のサービスは、専用のスマートフォンアプリで完結できることも大きな特徴だ。

 新規申込時は、アプリから属性情報を入力すると、30分程度でプレスコアリング(事前審査)が完了し、初期の融資条件(限度額と金利)を確認できるようになる。

 アプリを通してより多くの情報を提供すると、先述の通り、より有利な条件で融資を受けられるようになる。人員やインフラへの投資を抑えることで、金利も低めに抑える予定だという。

 合弁企業や、それが提供する金融商品の詳細については、後日両社から改めて発表される予定だ。どこまで「夢をかなえる」手伝いとなるサービスになるか、詳細発表が待ち遠しい。

最終更新:9月16日(金)16時18分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]