ここから本文です

「東京ゲームショウ2016」過去最大規模で開幕 VR・AIコーナーを新設

ITmedia ビジネスオンライン 9/15(木) 22:13配信

 国内最大級のゲーム展示会「東京ゲームショウ2016」(9月18日まで、千葉・幕張メッセ)が9月15日に開幕した。VR(仮想現実)やAI(人工知能)専門のコーナーが新設され、多くの人が体験しようと詰めかけている。

【【イベントに華を添えるコスプレイヤーたちの存在感もスゴい!  全ての画像はこちらから!】】

 20回目となる今年のテーマは「エンターテインメントが変わる。未来が変わる」。37カ国・地域から過去最多となる614の企業と団体が出展した。前半の15~16日はゲーム業界関係者やプレス向けに、後半の17~18日は一般公開日として開催する。

 “VR元年”と言われ注目を集めVR(仮想現実)は専門コーナーが新設され、110ものVR関連タイトルが集結した。中でも、10月13日に発売される「PlayStation VR」のゲームソフトを体験できるブースには長蛇の列ができるなど、多くの来場者の関心を集めた。

 このほか、DMM GAMESブースでは、オンラインゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」とコラボした「DMM GAMES VR×刀剣乱舞-ONLINE-」を、サイバーエージェントブースでは、スマホVRに対応したRPG「オルタナティブガールズ」を、ボルテージブースではVRで“椅子ドン”を体験できるなど、VRコンテンツが盛りだくさんだ。

 また、VRコーナーのほか、AIコーナーも新設。日本マイクロソフトブースでは、女子高生AI「りんな」の概要と、今後実装する予定の機能について説明した。

 今後は、自分の全身を写した写真を「りんな」に送ると、「カラフル」「爽やか」といった衣服の特徴を教えてくれる“ファッションチェック機能”を追加するほか、合成音声によるラップも歌えるようにするという。

最終更新:9/15(木) 22:13

ITmedia ビジネスオンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。