ここから本文です

「東京ゲームショウ2016」過去最大規模で開幕 VR・AIコーナーを新設

ITmedia ビジネスオンライン 9月15日(木)22時13分配信

 国内最大級のゲーム展示会「東京ゲームショウ2016」(9月18日まで、千葉・幕張メッセ)が9月15日に開幕した。VR(仮想現実)やAI(人工知能)専門のコーナーが新設され、多くの人が体験しようと詰めかけている。

【【イベントに華を添えるコスプレイヤーたちの存在感もスゴい!  全ての画像はこちらから!】】

 20回目となる今年のテーマは「エンターテインメントが変わる。未来が変わる」。37カ国・地域から過去最多となる614の企業と団体が出展した。前半の15~16日はゲーム業界関係者やプレス向けに、後半の17~18日は一般公開日として開催する。

 “VR元年”と言われ注目を集めVR(仮想現実)は専門コーナーが新設され、110ものVR関連タイトルが集結した。中でも、10月13日に発売される「PlayStation VR」のゲームソフトを体験できるブースには長蛇の列ができるなど、多くの来場者の関心を集めた。

 このほか、DMM GAMESブースでは、オンラインゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」とコラボした「DMM GAMES VR×刀剣乱舞-ONLINE-」を、サイバーエージェントブースでは、スマホVRに対応したRPG「オルタナティブガールズ」を、ボルテージブースではVRで“椅子ドン”を体験できるなど、VRコンテンツが盛りだくさんだ。

 また、VRコーナーのほか、AIコーナーも新設。日本マイクロソフトブースでは、女子高生AI「りんな」の概要と、今後実装する予定の機能について説明した。

 今後は、自分の全身を写した写真を「りんな」に送ると、「カラフル」「爽やか」といった衣服の特徴を教えてくれる“ファッションチェック機能”を追加するほか、合成音声によるラップも歌えるようにするという。

最終更新:9月15日(木)22時13分

ITmedia ビジネスオンライン