ここから本文です

志村けん、「ひとみおばあちゃん」のキャラ起用を喜ぶ=退院後も「お酒はやめられない」

時事通信 9月15日(木)17時13分配信

 タレントの志村けんが15日、コイケヤ「わさムーチョ発売記念&新キャラクター就任記念発表会」に出席した。肺炎のため8月に入院していた志村だが、この日はコントで演じる「ひとみおばあちゃん」に扮(ふん)して登場し、会場を笑わせていた。

〔写真特集〕昭和の爆笑王

 同社のポテトチップスのキャラクター「ヒーおばあちゃん」と「ヒーヒーおばあちゃん」に「ボーナス休暇」が与えられたことで、ひとみおばあちゃんが新たにキャラクターを務めることに。ひとみおばあちゃんについて「僕の好きなキャラクター」という志村は、「30年ぐらい演じてきて、(起用されるまで)長くかかりましたね」と喜びを口にした。

 8月に体調を崩し、肺炎と診断された志村。主演舞台「志村魂」は東京、名古屋両公演を務め上げたものの、大阪公演2日目以降は休演となった。志村は「舞台が始まる前からテレビの事前収録があり、休みがなかった。1日2公演も体力的に相当きつく、(全体として)過密スケジュールだった」と説明。「もう66歳だから、体力を考えてスケジュールを組もうかな」と思いを巡らせた。

 入院してから「たばこは吸っていない」そうだが、お酒の方は退院後、「軽め」に飲んでいるとか。志村は「お酒はやめられない」と言い切り、「深酒で、(午前)3時、4時まで飲んでしまうけれど、(今後は)2時ぐらいまでにしようかな」と笑っていた。

最終更新:9月16日(金)0時1分

時事通信