ここから本文です

角田信朗「死にもの狂い」作り上げた“肉体美”披露

日刊スポーツ 9月15日(木)16時49分配信

 空手家でタレントの角田信朗(55)が15日、大阪市北区の日刊スポーツ新聞社を訪れ、18日に行われるボディビルの「第28回日本マスターズ選手権大会」(金沢市)に向けた意気込みを語った。

【写真】角田信朗 ボディビル選手権初出場で金メダルの快挙

 7月に行われた大阪大会の優勝で出場権を獲得して臨む今大会は、さらにパワーアップを遂げた。自ら弱点という肩と胸回りの厚みを増すため「死にもの狂いで、これ以上できないというぐらいに鍛え上げました」。そのかいあって、体脂肪や皮膚の状態などは前回同様のレベルを維持しながら、体重は1・5キロ増えたという。着実に筋肉の量を増やし、この日もひと回り大きくなった上半身を美しいポージングで披露した。

 競技歴は約1年。日本マスターズには初めての挑戦だ。ライバルの中には「1年生が勝てるほど甘くない」と、打倒角田へ息巻いている選手もいるという。角田自身も「お化けみたいな、すごみのある選手がいるのが日本マスターズ」と大会のレベルの高さは認めている。それでも、上位進出は譲れない。「最低でも3位以内の表彰台。入賞(6位以内)だったら僕の負け」。3日後の本番に向け、強い口調で言い切った。

最終更新:9月15日(木)16時56分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]